HOME > 企画室 > 理事長・会長プロフィール

 

 

 
理事長・島田潔

 

       理事長・島田 潔

 
昭和43年東京生まれ。
平成6年帝京大学医学部卒業後、東京大学医学部内科研修医、 東京都老人医療センター内科勤務を経て、8年東京大学附属 病院内分泌内科に入局。
また、北里大学東洋医学研究所の研究生として石野尚吾氏に師事。 同年在宅医療専門の板橋区役所前診療所を開設する。 11年当財団附属診療所の前院長、故坂巻太二医師の穴位注射 の研究を引き継ぎ、12年当財団理事長に就任。
日本内科学会、在宅医学会、東洋医学学会の会員として、 東京・ 埼玉を中心に往診治療を行う在宅医療界のパイオニア。
その活動ぶりは新聞やテレビ、 ラジオで広く紹介されている。
「身体に優しい治療法」をモットーに、健康法や予防医学まで含めた 高齢者や障害者、難病患者への東洋医学や自然医学の応用を、今後の研究テーマと考えている。  
 
(財)日本漢方医学研究所評議員
日本医師従業員国民年金基金監事
(社)東京都医師会
   健康食品の安全性に関する検討会 委員
 

 
会長・横山 博美

 

       会長・横山 博美

 
漢方医名 松澤宗秀(まつざわそうしゅう)。
昭和24年新潟県糸魚川生まれ。曾祖父は漢方医、松澤宗閑(まつざわそうかん)。
練馬区の石神井に育ち、都立青山高校を卒業後、昭和51年国立弘前大学医学部卒業。 同年7月東京大学付属病院文部三等教官、助手となる。
その後、板橋区医師会理事、看護学校講師を経て、現在、医療法人社団医新会・医新クリニック院長。
日本東洋医学会専門医(漢方専門医)でもあるが、日本脳ドック学会、日本透析療法学会、 日本癌学会などの学会員として西洋・東洋の療法の医学の研鑽を重ねている。 とくに、前立腺温熱治療には定評がある。最近は、寝たきりの老人や癌の末期患者の 在宅医療にも力を注いでいる。
また、男性更年期の実体を研究するべくストックホルムの 病院および北京の大学を訪ね、専門家と意見を交換するかたわら、自身のクリニックで 漢方療法および男性ホルモン補充療法・再生医療を実践している。  
 
(医)医新会 理事長  
 
 
 
 

 
寄付行為|役員名簿所在地理事長・会長プロフィール|組織図